Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)の財布はどんなの?

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)のブランド解説・歴史について

1928年にイタリアで誕生した「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)」はイタリアを代表するファッションブランドの1つです。日本ではフェラガモの愛称で親しまれています。創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモ氏はルネサンス文化の中心地であるフィレンツェに自身の名前のサルヴァトーレ・フェラガモという靴屋を開店させたことが始まりです。

彼はたった15歳で単身アメリカへ渡り、1923年にカリフォルニア州にあるハリウッドのラスパルマス通りに自身初の「ハリウッド・ブーツ・ショップ」という名の靴屋を開店させ、彼の店には有名な映画女優のオードリー・ヘップバーンやグロリア・スワンソンなど多くのハリウッドスターが連日訪れ、彼らの心を魅了する素晴らしい製品を生み出し続けました。

1927年にイタリアに戻った彼は1928年に「Salvatore Ferragamo」を設立したのです。1958年にフェラガモの象徴となるガンチーニと呼ばれる金具を用いたバッグが作られ、彼の死後フェラガモ一族によって事業を拡大し、男性向けのバッグや時計、香水などを手掛け、現在では世界各国のセレブたちやハリウッドスターに愛用されるほどに成長しました。

Salvatore Ferragamoの財布

フェラガモの財布は落ち着いた色彩のものから鮮やかな色彩のものなど豊富なラインナップとなっています。ですが、どの財布も上品で優美なデザインとなっており、海外セレブやハリウッドスターたちが愛用するのが分かります。フェラガモの男性向けの財布は型押し革素材がメインとなっており、外観には強調点としてフェラガモのプレートが付いています。オシャレで洗練された男性の雰囲気を与えるため、フォーマルな服装に良く合います。

フェラガモの女性向け財布は大人の女性が持つ魅力を与えながら少女のような可愛らしい一面を感じさせる素晴らしいデザインとなっています。

2015年春夏コレクションの1つであるバイカラーの長財布はライラックの花を思わせる藤色と女性に大人気のマカロンをイメージする財布となっています。可憐な少女を思わせる鮮やかな色彩の中にヴァラ・リボンが大人の魅力を演出してくれるので、クールな女性というよりも優しくて愛らしい女性の印象を与えます。6つのカードポケットと小銭入れが付いているので、主婦の方でも安心して利用することが可能です。他にもレザーのリボンがあしらわれたビジネス向けの長財布やビスクの淡い色彩を持つダブル・ガンチーニが印象的な長財布もお勧めです。

フェラガモの財布の平均価格は55,000円前後となっており、30代から60代を購入ターゲットとしています。特に40代の男女から人気を集めるブランド財布の1つです。

知って損なし!ブランド財布を選ぶときの注意点

誰もが知っている有名なブランドものの財布は素敵なデザインで使い勝手も良いですが、多くの人が持っているので被ってしまう確率が高いです。それにブランドバリューで価格が割高になっています。

そこでおすすめなのが「ココマイスターの革財布」です。ココマイスターというブランドはあまり聞いたことがないかもしれませんが、職人の手で一つ一つ丁寧に作っているので、有名なブランド会社の財布よりも安い価格でありながら使い心地は抜群です。

ブランドネームにこだわって財布を選んでいるのなら構わないのですが、もし機能や価格で財布を選んでいるのならココマイスターの財布を一度見てみましょう。

>ココマイスターの革財布一覧はコチラ

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ