Paul Smith(ポール・スミス)の財布はどんなの?

Paul Smith(ポール・スミス)のブランド解説・歴史について

1970年にイギリスで誕生したファッションブランド「Paul Smith(ポール・スミス)」は創業者であるポール・スミス氏が24歳という若さでイギリスの中部にあるノッテンガムに「ポール・スミス・リミテッド」を設立させたのが始まりです。

設立当初はいくつか存在する男性向けのファッションショップの1つに過ぎませんでしたが、彼の情熱的で一生懸命な姿と販路によって次第に経営も右肩上がりに急成長を遂げ、世界経済の中心地の1つであるイギリスのロンドンのファッション業界でも名が知れるようになりました。

ポール・スミスが日本にやってきたのは1984年のことです。東京都の青山で露店を開店させ、1987年にはアメリカのニューヨーク州、1989年にはイギリスの有名デパート「ハロッズ」でポール・スミス単独のショップコーナーを設けるなど1歩1歩着実に成功を収めていきます。現在では、サッカーのイングランド代表の公式スーツや小型車「ローバーミニ」の外装および内装を担当するなどファッションだけではなく幅広い分野で活動しています。2010年には女性用のファッションショップも開店し、今後の活躍に大注目なブランドメーカーです。

Paul Smithの財布

ポール・スミスの象徴となっている色彩豊かなストライプ柄は古典的で知的な印象を与えるためオシャレな10代から20代の若い世代の男性から高い支持を得ています。また、シンプルでシックなデザインの「ポール・スミスコレクション」も用意されているのでビジネス向けにも利用することが出来ます。

ビジネス向けに使用するならばスマートでシンプルな落ち着いた雰囲気を持つコートバンの長財布がお勧めです。ポール・スミスらしい針目がオシャレな逸品です。ビジネス・プライベート併用することが出来るのがポール・スミスコレクションの強みでもあります。

また、ラウンドジップの長財布はファスナーを開閉する度に内観のマルチストライプがチラリと見えるため、そのさりげないオシャレ感が大人の魅力を引き出してくれます。フィットネスインストラクターのクリス松村さんもラウンドファスナーのポール・スミスを愛用している1人です。

また、長財布と二つ折り財布双方に多彩な色彩が用意されており、ポール・スミスの象徴であるマルチストライプやバイカラーなどがありますので、自身が使用したいシーンに合わせて購入すると良いでしょう。

ポール・スミスの財布はカジュアルなデザインが多いのでファッショナブルな10代から20代を中心に人気があり、特に大学生の間で流行しています。そのため、価格帯も15,000から30,000円ほどで購入できるよう設定されており、たいへんリーズナブルなブランドとなっています。反対にビジネス向けに展開しているポール・スミスコレクションは25歳以上の方をターゲットにしており、価格も30,000円以上となっています。

まだまだ女性からの認知度が低いため、今後のブランド展開が楽しみです。

知って損なし!ブランド財布を選ぶときの注意点

誰もが知っている有名なブランドものの財布は素敵なデザインで使い勝手も良いですが、多くの人が持っているので被ってしまう確率が高いです。それにブランドバリューで価格が割高になっています。

そこでおすすめなのが「ココマイスターの革財布」です。ココマイスターというブランドはあまり聞いたことがないかもしれませんが、職人の手で一つ一つ丁寧に作っているので、有名なブランド会社の財布よりも安い価格でありながら使い心地は抜群です。

ブランドネームにこだわって財布を選んでいるのなら構わないのですが、もし機能や価格で財布を選んでいるのならココマイスターの財布を一度見てみましょう。

>ココマイスターの革財布一覧はコチラ

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ