LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)の財布はどんなの?

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)のブランド解説・歴史について

1854年創業の「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」は国や地域、年齢・性別問わず誰もが知っている世界的に有名な高級ファッションブランドメーカーです。伝統を尊重しながらも常に新しいことへチャレンジしており、日本だけではなく世界中の人々から愛されています。

1854年にフランスで誕生したルイ・ヴィトンは、創立者であるルイ・ヴィトン氏が世界で初めて旅行鞄専門店をパリに開店させたのが始まりです。1892年にルイ氏が亡くなると、息子のジョルジュ・ヴィトン氏が亡き父の意志を受け継ぎ、ジョルジュ氏の手によって世界でも有数のブランドメーカーとして飛躍させたのです。1896年にはルイ・ヴィトンの商標である「L」と「V」を装飾したモノグラムが誕生します。

1978年には日本へやってきたルイ・ヴィトンは、その後も着々と確実に成長を続け、現在では確固たる信頼と実績を持つ世界でトップのファッションブランドとして君臨しています。

LOUIS VUITTONの財布

ルイ・ヴィトンで使用されている素材はモノグラム・ダミエのような強度と耐水性のある塩化ビニールやエピ・タイガなどの型押し牛革を使用しています。丈夫で長持ちなのが利点ではありますが、ポケットなど狭い場所に入れて持ち運ぶと型崩れしやすくなるため、持ち歩く際は余裕のある鞄などに入れて持ち歩きましょう。

基本的にルイ・ヴィトンは男女兼用が多いのですが、がま口タイプの財布は女性向けに作られているので男性の利用は避けた方が良いでしょう。また、タイガやダミエグラフィットは男性向けなので女性の利用は避けましょう。

男性に人気の高いルイ・ヴィトンの財布はダミエです。碁盤のような文様の市松模様から考案されたダミエは上品で大人の雰囲気が漂う高級感溢れるデザインです。

ダミエシリーズにはモダンでスタイリッシュなブラックとグレーの陰影で表されたダミエグラフィットが2008年に誕生しました。落ち着いた雰囲気と知的な印象を与えるダミエグラフィットは男性の憧れのデザインと言えます。そのダミエシリーズのジッピーウォレットはレシートやカード類、チケットなどを収納できるポケットやコンパートメントが付いており、さらに大きく開いてどこに何があるか一目で見て分かります。機能性に富んだ長財布のため男性から高い人気を誇っています。

女性から人気の高いルイ・ヴィトンの財布はポルトフォイユ・サラや男性と同じくジッピーウォレットです。ポルトフォイユには様々なシリーズがありますが、大きく開いて貨幣が取り出しやすく使い勝手の良いポルトフォイユ・サラや硬貨が取り出しやすいがま口タイプの実用性に富んだポルトフォイユ・ヴィエノアは特に人気があります。

ルイ・ヴィトンは老若男女問わず高い人気を誇るハイブランドですので、誕生日やイベント、お祝いなどでプレゼントすると喜ばれます。しかし、価格がやや高いため新社会人の方や学生の方に贈るのは控えた方が良さそうです。ルイ・ヴィトンの財布で最も最安値なのが二つ折り財布です。50,000円から65,000円ほどで購入することが可能です。長財布は55,000円から85,000円ほど、ジッピー系は90,000円以上となっております。

世界各国で愛されているルイ・ヴィトンの財布は誰もが憧れるハイブランドです。それと同時に持ち歩く方の地位や品位が備わっていなければ周りから反感を買ってしまいます。ルイ・ヴィトンはまさに大人も子供の憧れる高級ブランドということです。

知って損なし!ブランド財布を選ぶときの注意点

誰もが知っている有名なブランドものの財布は素敵なデザインで使い勝手も良いですが、多くの人が持っているので被ってしまう確率が高いです。それにブランドバリューで価格が割高になっています。

そこでおすすめなのが「ココマイスターの革財布」です。ココマイスターというブランドはあまり聞いたことがないかもしれませんが、職人の手で一つ一つ丁寧に作っているので、有名なブランド会社の財布よりも安い価格でありながら使い心地は抜群です。

ブランドネームにこだわって財布を選んでいるのなら構わないのですが、もし機能や価格で財布を選んでいるのならココマイスターの財布を一度見てみましょう。

>ココマイスターの革財布一覧はコチラ

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ