HERMES(エルメス)の財布はどんなの?

HERMES(エルメス)のブランド解説・歴史について

映画やテレビドラマなどで一時期一世を風靡した「電車男」でも登場したフランスのブランドメーカー「HERMES」は1837年に創業した老舗ハイブランドです。

創業者であるティリエ・エルメス氏が世界的な芸術や流行の中心地として知られるパリで馬具専門店を開店させたのが始まりです。初めは馬に使用する鞍や轡、鐙などの製造販売を行っていたのですが、道路が舗装され自動車が普及するようになると馬車を利用する人々は減り、エルメス氏は高品質な革素材を用いて鞄や財布などを製造するようになり、現在ではルイ・ヴィトングッチなどと肩を並べる高級ブランドとして世界中の人々から愛されています。

エルメスの特徴は、「ケリー・バッグ」や「バーキン」など著名人や所有者の名前を冠した製品はエルメスの中でも最高級品と言われており、革素材から金具まで厳選されたこだわりの物だけを使用し、パリにある工場で1つ1つ職人の手によって丁寧に作られています。

HERMESの財布

エルメスというと女性のイメージが強いブランドですが、数ある高級ブランドメーカーの中でもエルメスはブランドの主張が弱く、淡い色彩のものが多いので、男性でも安心して所有することが出来ます。しかし、エルメスの財布は1つ100,000円以上するものが多いので文武不相応の方が所有するのは控えた方が良さそうです。

エルメスの財布を男性が持つならばCitizen Twillのヴォー・スウィフトやMC2 Flemingボックスカーフがシックで上品なデザインとなっておりビジネス向けです。Kellyのシェーヴル・ミゾールやCitizen Twillのスウィフトは鮮やかな色彩とコンパクトさからプライベートに最適です。

女性から絶大な人気を誇るエルメスの財布はBeant(ベアン)です。エルメスの頭文字の「H」が財布の金具にさりげなく使用されており、シンプルながらも気品溢れる優美なデザインとなっています。グレース・ケリーの名から付けられたKellyも男性同様人気があります。シンプルながらも上品な雰囲気が漂うケリーの財布は控えめながらもその人の品の良さや内に秘められた魅力を引き出してくれます。他にも柔和な雰囲気と女性らしさを感じさせるDogonやAzap、EVELYNEなどもお勧めです。

エルメスの財布は主に40代の男女を中心に絶大な人気を誇っており、特に革素材とシルクの取り合わせは絶妙で非常に調和の取れた素晴らしい素材となっています。

知って損なし!ブランド財布を選ぶときの注意点

誰もが知っている有名なブランドものの財布は素敵なデザインで使い勝手も良いですが、多くの人が持っているので被ってしまう確率が高いです。それにブランドバリューで価格が割高になっています。

そこでおすすめなのが「ココマイスターの革財布」です。ココマイスターというブランドはあまり聞いたことがないかもしれませんが、職人の手で一つ一つ丁寧に作っているので、有名なブランド会社の財布よりも安い価格でありながら使い心地は抜群です。

ブランドネームにこだわって財布を選んでいるのなら構わないのですが、もし機能や価格で財布を選んでいるのならココマイスターの財布を一度見てみましょう。

>ココマイスターの革財布一覧はコチラ

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ