CHANEL(シャネル)の財布はどんなの?

CHANEL(シャネル)のブランド解説・歴史について

1909年にフランスで誕生した「CHANEL(シャネル)」は女性をメインターゲットに製品を販売しているファッションブランドメーカーです。

創立者であるココ・シャネルことガブリエル・ボヌール・シャネル氏は当時の恋人エティエンヌ・バルサン将校の援助を受け、フランスのパリにあるアパートの1階で帽子の製造を始めたことが始まりです。

ココ氏はエティエンヌ将校の元で地位の高い方々と交流を深め、アーサー・ボーイ・カペルに見初められ、彼の出資によって1910年にパリの中心街にあるカンボン通り21番地に自身の名前を冠した「シャネル・モード」という女性専門の帽子店を開店させます。その後、ココ氏は着々と世界各国に自身のブランドを出展させ、ついにはジャージ素材を用いた斬新なドレスを作製し、高級衣装店の世界へ進出します。

1921年にはフレグランスやアクセサリーを製作し世界でも認められる一流ブランドへとのぼりつめます。しかし、戦争でシャネルも一時低迷期を迎えてしまい、ショップの閉鎖などを余儀なくされました。

しかし1954年に洗練された大人の魅力を引き出す機能性に優れたシャネル・スーツを手掛けると、アメリカを中心に社会進出している女性たちから高い支持を受け、再びファッションブランドの世界で華麗に復活を遂げたのです。

1994年に日本へやってきたシャネルは瞬く間に人気を集め、現在では高級ブランドの1つとしてルイ・ヴィトンやグッチと並ぶ憧れのブランドとして名前が挙げられるようになりました。シャネルは現在でも亡きココ氏の意志を受け継ぎ、新旧の時代を上手く生かした製品作りを行っています。

CHANELの財布

シャネルはルイ・ヴィトンやグッチと並ぶ世界でも有名なハイブランドとして多くの著名人やセレブたちから愛用されています。そんなシャネルの財布はアルファベットの「X」のようなロゴが大きくあしらわれているものが多く存在します。

また、シャネルは女性向けのブランドですので取り扱う色彩もピンクやブラック、ホワイトなど女性が好むものが多いです。そのため男性からの支持は低く、女性への贈り物として購入する以外は利用されません。ですが、中には同じブランドメーカーの財布を持ってほしいという女性もいらっしゃいます。そういった場合、シャネルのキャビアスキンがお勧めです。シャネル特有の大きなロゴマークが無く、「CHANEL」と刻印されたシンプルなデザインの財布なので男性でも恥ずかしがらずに持ち歩くことが可能です。

女性から高い支持のあるシャネルの財布はカンボンラインやマトラッセラインです。大きくCCというシャネルのロゴがあしらわれたカンボンラインはシャネルの定番アイテムとなっており、10代から30代前半の女性の憧れです。マトラッセラインは上品で優美な大人の女性を演出することが出来る落ち着いたデザインの長財布です。主に40代の女性から人気があります。他にも型押しされた椿が可愛らしくフェミニンさが漂うカメリアは大学生を中心に高い人気を誇ります。ビジネス向けに使用したい方はココボタンがお勧めです。シンプルでシックなデザインなので癖が無く控えめなのでフォーマルな場所でも用いることが可能です。

シャネルの財布は60,000円から100,000円以上とやや高めの金額ですので、贈り物として頂くにはやや抵抗があります。結婚記念日などのお祝い事の贈り物としては最適ですので、もしシャネルの財布を購入しようとお考えの方は数あるシャネルのデザインの種類を把握し、女性がどのようなデザインの財布を欲しがっているか下調べをしておくと良いでしょう。

知って損なし!ブランド財布を選ぶときの注意点

誰もが知っている有名なブランドものの財布は素敵なデザインで使い勝手も良いですが、多くの人が持っているので被ってしまう確率が高いです。それにブランドバリューで価格が割高になっています。

そこでおすすめなのが「ココマイスターの革財布」です。ココマイスターというブランドはあまり聞いたことがないかもしれませんが、職人の手で一つ一つ丁寧に作っているので、有名なブランド会社の財布よりも安い価格でありながら使い心地は抜群です。

ブランドネームにこだわって財布を選んでいるのなら構わないのですが、もし機能や価格で財布を選んでいるのならココマイスターの財布を一度見てみましょう。

>ココマイスターの革財布一覧はコチラ

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ