風水と財布の意外な関係性

財布は黄色い長財布を持つと金運がアップするという話を聞いたことがあります。風水では黄色は財運を向上させるパワーが宿っています。しかし、黄色が必ずしも金運アップに効果的かと言われるとそうではありません。また、色彩だけではなく、風水において財布の種類や機能性、さらには使用方法などによっても財運や金運は変化します。今回は風水における財布の選び方や使用方法をご紹介します。

風水における財力・金運アップに効果的な財布の種類。

財布には二つ折り財布や三つ折り財布、長財布など様々な種類が存在します。その中でも風水では長財布に財力・金運アップ効果があると言われています。主婦や年配者の方の多くはコンパクトで持ち運びが便利な二つ折り財布や三つ折り財布が人気ですが、もし風水効果を得たいならば長財布に変更しましょう。
風水では、紙幣は折りたたんで収納すると良くないそうです。紙幣にとって財布は人間の家と同じです。伸び伸び暮らせる住まい(財布)の方が紙幣にとっても嬉しいということです。

風水で更なる財力・金運アップ効果を得たい場合、キャッシュカードやクレジットカードなどが収納できるポケットの数にもこだわりましょう。このポケット数は財布によってまちまちですが、基本的に6・8・12と決まっています。
その中でも特に縁起の良いと言われるポケット数が8です。数字の8は漢字にすると「八」と書きます。漢字の「八」は上の方が狭く徐々に広がるかたちをしています。これを「末広がり」と言い、風水ではたいへん縁起の良いものとされています。

もし財布を購入する機会がありましたら、長財布でポケット数が8つのものを購入するようにしましょう。

風水における財布の使用方法。

風水では長財布でポケット数が8つのものが財力および金運が向上すると言われています。しかし、折角財力・金運がアップする財布を持っていても使用方法を間違えていたら意味がありません。そこで、風水における正しい財布の使い方をご紹介します。

風水では紙幣を1枚で財布に入れることを推奨していません。貨幣はたいへん寂しがり屋なので、1枚だけという環境を嫌がります。人間も家族や友人、恋人と一緒に過ごす時間の方が楽しくて安らぎますよね。貨幣も同じです。家である財布に孤立させるのは良くありません。しかし、たくさん貨幣を入れた際、盗難や紛失などが不安になりますよね。
風水では必ず同じお札を入れなければならないという決まりはありません。しかし、紙幣の入れ方には決まりがあります。紙幣にはそれぞれ1,000円札・5,000円札・10,000円札の3種類ありますが、それぞれ綺麗にまとめることが重要です。また、紙幣は奥から順に10,000円札・5,000円札・1,000円札と整理して入れるようにします。
しかし、いつでもそんなにたくさんの種類の紙幣を持ち歩くことはありませんよね。そこで、財布に入れるお札と同じサイズにカットした紙を5枚ほどお札共に入れておくだけで貨幣は安心させることが出来ます。特にお札の元がお勧めで、本物の紙幣と共に入れておくことでお金が自然に集まってくると言われています。

お札の元を入れたら終わりというわけではありません。ここからが非常に重要になります。
長財布に紙幣とお札の元を入れたら、これからレシートや使用しないポイントカードやクレジットカードなどを整理整頓する必要があります。また、紙幣に折りじわや跡が付かないように硬貨は小銭入れに入れ、持ち歩くようにしましょう。硬貨が紙幣よりも多くなると、紙幣を呼び込むのではなく、硬貨を呼び込む財布へと変貌してしまいます。必ず硬貨は小銭入れに入れるようにしましょう。

物を購入した際に貰うレシートなどの領収書は、翌日に持ち込まないようにその日のうちに整理整頓するように心掛けましょう。先ほども言いましたが、貨幣にとって財布は家のようなものです。不要な物があると居心地が悪くなり嫌がります。折角素晴らしい財布をお持ちなのですから、レシートなどは細かく整理しましょう。

風水における財布の管理方法

風水では財布は常に鞄の中から取り出し、棚の上などに置いて管理することを推奨しています。鞄の中に財布を入れっぱなしにしておくと、財布は休憩することが出来ません。パワーストーンもそうですが、使い続けているとその物のパワーやエネルギーが弱くなってしまいます。ですので、定期的に浄化を行う必要があるのです。財布の場合、その浄化作業が鞄などの暗い場所から取り出し、棚の上に置くことで財布に宿っているパワーやエネルギーを回復させることが可能です。しかし、性格上忘れっぽい方もいらっしゃるかと思います。そういった場合、財布を鞄から取り出さず、椅子や机の上など鞄が床に触れない場所で管理しましょう。床は足が直接触れる場所です。そのため悪い気が溜まりやすく財布の持つパワーに悪影響を与えます。ですので、財布を鞄にどうしても入れておきたい場合は高い場所に鞄を置くように心掛けましょう。

財布のパワーを回復させるためには、極力西もしくは北の方角で管理しましょう。風水では、西の方角は金運を向上させるエネルギーを持つと言われており、北の方角は運気を育むと言われています。財布を管理しながら方角の持つ良いエネルギーを財布に注入し、財布に活気を与えましょう。

風水における財布の寿命。

風水では財布の寿命は1000日と決まっています。さきほど、貨幣にとって財布は家だとご説明しました。風水では、環境の良し悪しで運気が決まります。貨幣の暮らしている財布を一新することで貨幣の環境を一変させ変化をもたらし、より良い環境を整える必要があります。それが財布の節目ということです。1000日はおよそ3年ですので、財布もだいぶ汚れているのではないでしょうか。買い替える際は傷の無い綺麗な財布を購入しましょう。
ただし、3年以内に汚れや傷などが付いてしまった場合、3年未満でも買い替える必要があります。財布は貨幣のお家ですから汚れや破損があっては良いエネルギーを発することが出来なくなってしまいます。

風水では、貨幣を人間と同じように扱いましょうというコンセプトで運気の良し悪しが決まります。もし、貴方が紙幣だったらどのような環境でお財布に住みたいかを考えながら行動を起こすことで、更なる財運・金運アップが望めます。是非、これから財布を購入する際の参考にして頂きたいと思います。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ