革財布の膨張を修理するには

革財布は他の素材に比べて丈夫だと言われていますが、扱い方が悪いと革が傷だらけになってしまったり、膨張してしまいます。

特に後者の革財布を膨張させてしまうと修理するのが大変です。そこで今回は革財布が膨張してしまう原因と修理方法についてご紹介します。

革財布が膨張してしまう原因

革財布が膨張してしまう原因は大きく分けて「湿気」と「カードの詰め過ぎ」の2つが考えられます。

革は丈夫な素材ですが水に弱いという弱点があります。湿気の多いところに革財布を置きっぱなしにしていたり、水に濡れたのにそのまま放置していると膨張してしまいます。革財布を使わない時は直射日光を避けた風通しの良いところに置いておきましょう。また水に濡れたときは乾いたタオルですぐに拭いてください。

カードの詰め過ぎも革財布を膨張させる原因のひとつです。革は伸びる特性があるので、カードを何枚にも重ねて無理やり詰め込むと、革が伸びてもとに戻らなくなります。そこで革財布を使う時はカードを詰め込み過ぎないように、カードポケットの数以上のカードをしまわないようにしましょう。もしもたくさんのカードを使うのであれな、カードポケットが多い長財布を購入することをおすすめします。

膨張した革財布を修理するためには

革財布が膨張してしまうと自分では修理して直すことができません。ではどうしたら直すことが出来るかと言うと、革専門の修理業者にお願いするしかありません。革専門の修理業者は数が少ないので、探す時はネットで検索して探すのが良いでしょう。

ただし、膨張した革財布を修理するとなると、期間と費用どちらもそれなりにかかります。一度見積もりを出してもらって、修理するか新しいのに買い替えるか考えるようにしましょう。

革財布は膨張してしまうと修理に手間と費用がかかるので、膨張しないように気をつけることが大切です。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ