革財布にアルコール消毒してはいけない理由

革財布のお手入れで絶対にやってはいけないことの中に「水拭き」と「アルコール消毒」があります。アルコール消毒と聞くと、財布にこびりついた雑菌の除菌や汚れを落とす効果があるように思えますが行ってはいけません!

なぜ革財布のアルコール消毒をしてはいけないのでしょうか?

革財布にアルコール消毒するとパサパサになり、光沢が失われる

革財布には油分が含まれており、その油分があるおかげで光沢のある艶やかな表面になっています。一方、アルコールには雑菌をやっつける働きもありますが、それと同時に油分を分解する働きもあります。

この油分の分解効果がアルコール消毒を行ってはいけない最大の理由です。

革財布にアルコールを吹きかけると、革財布に必要な油分が分解されてなくなり、表面がパサパサになって乾燥や色落ちの原因になるのです。また革は水に弱いので、アルコールを吹きかけすぎるとシミを落とすどころか、シミを増やすことにもつながります。

せっかくの革財布の光沢を綺麗に使用としたメンテナンス行為で逆にダメにしてしまっては非常にもったいないです。
愛着を持てる革財布だからこそ、しっかり正しいお手入れの仕方を知っておいてください。

革財布の正しいお手入れ方法

革財布を長くキレイに使い続けるためには正しいお手入れ方法をすることが大切です。

一番手軽、定番の乾拭きメンテナンス

まず、基本的なお手入れでおすすめなのが、乾拭きメンテナンス。乾拭きメンテナンスとは乾いた柔らかい布を使って、優しく財布全体をこすってあげる方法です。こうすることで、財布についた汚れやホコリを落とし、表面の光沢を維持することができます。

一番オススメなのは革財布専用の保湿クリームを使ったメンテナンス

もしも乾拭きでは落とせない汚れや傷がついた場合は、革財布専用のクリームを使いましょう。その際、保湿クリームなら何でもいいわけではありません!間違ってもハンドクリームや革靴用のクリームは使わないでください。クリーム代をケチったが為に愛着のある革財布がダメになってしまう恐れがあります。

クリームを使う時は適量を、財布の汚れや傷の部分に塗って、あとは乾いた布で優しくこすって馴染ませるだけです。
こうすることで味のある財布を維持することができます。

詳しくは保湿クリーム「シュプリームクリーム」の使用方法を御覧ください。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ