革の感触や見栄えは仕上げによって変わってくる

革製品の感触や見栄えは職人の仕上げ方で決まると言っても過言ではありません。仕上げ方にはたくさんの種類がありますが、今回は革財布の仕上げに良く使われる方法をご紹介します。

ヌメ革

ヌメ革とはタンニンなめしの革を無染色で仕上げた革です。厚みがありなめらかな手触りは革本来の風合いを生かされているとして人気な革です。薄茶色からベージュの色が特徴です。

スエード

スエードとは革の裏側をサンドペーパーで毛羽立たせ、短く起毛させた仕上げのことです。毛足が短く、細かくて柔らかな手触りのものほど良質とされています。中でもシルキースエードは高級品として重宝されています。

ヌバック

ヌバックは脱毛後の革の表面をサンドペーパーで軽くこすって起毛させた革のことです。スエードよりも繊細で、その毛足はとてもきめ細かく、しっとりとした手触り感が特徴です。

オイルレザー

オイルレザーとはロウやオイルなどで撥水性や堅牢性が与えられた革のことです。革に多量のオイルが含まれているので独特の艶があり、使い込むほどオイルが染み出てきて独特の風合いになります。

これら以外にも革の仕上げは豊富にありますが、革財布に使われている仕上げ方法はこの4つになります。特にヌメ革とオイルレザーで仕上げた革財布は社会人男性の人気が高く、使い込むほど革独特の風合いに変わるのが魅力です。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ