革と皮の違いとは!?革財布に皮を使わない理由

動物の「かわ」という文字には「皮」という漢字が使われます。しかし「かわ財布」には「革」という漢字が使われています。皮と革は同じように思われますが何か意味が違うのでしょうか?

皮から革になる

革財布に使われている革はもともと動物から剥ぎ取った皮が使われています。しかし動物から剥ぎ取った状態の皮は、そのままにしておくと腐ってしまうので財布の素材に使うことができません。

そこで皮が腐らないで財布の素材に使えるように職人が「なめし」という加工を行い革へと変わります。つまり革とはなめし加工をした皮のことなのです。

皮となめし加工によって出来上がる革が違う

革を作るためには皮をなめし加工しなければいけないのですが、皮やなめし加工にも種類があるので、その組み合わせによって仕上がりの違う革が出来上がります。

財布によく使われる動物の皮の種類には【繊維が緻密な馬皮】、【摩擦に強い豚皮】、【薄くてやわらかい羊皮】、そして最も使われる【牛皮】などがあります。牛皮は最も使われる素材なのでさらに細分化することができ、カーフ、キップ、ステア、ブルなどと言った部分も存在しており、それぞれ特徴が違います。

なめし加工の種類

皮の種類同様になめし加工にも種類があり、同じ皮を使ってもなめし加工の方法が違えば出来も違ってきます。なめし加工には主に「タンニンなめし」と「クロムなめし」があります。

タンニンなめしとは、植物から抽出したシブをなめし剤として用いたなめし加工です。加工後は茶褐色に染まり、堅く伸びが少ない革になるのが特徴です。

クロムなめしとは、塩基性硫酸クロム塩という化合物をなめし剤として用いたなめし加工です。加工後の革の断面は青色がかかり、柔らかく伸縮性のある革になるのが特徴です。

このように革のことを考えて財布を選ぶと、どんな特徴をもった財布なのかより知ることができます。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ