長財布をキレイに長持ちさせる正しい使い方

学生から社会人になると折りたたみ財布よりも長財布を使う男性が増えてきます。しかし長財布は折りたたみ財布よりも面積が広いので、気を付けて使わないとすぐに痛んでボロボロになってまたすぐに買い替えないといけなくなります。

長財布をキレイに長持ちさせるためには普段から正しい使い方をする必要があります。ではどのように使えばキレイで長持ちさせられるのでしょうか?

長財布の正しい使い方

まず長財布を使う時は正しい使い方を覚えておく必要があります。その中でも特に気を付けてほしいことは「ズボンのポケットに長財布をしまわない」と「水に濡らさない」こと。

ついつい財布をズボンのポケットにしまう人もいるでしょうが、ポケットに入れていると座った時に財布を潰してしまうので、型崩れしやすいです。財布をしまう時はジャケットの内ポケットかバックの中にしまうように注意しましょう。

また、長財布は革製品を使っている物が多いです。しかし革製品は水にものすごく弱いので濡れたまま放置しておくと、シミやひび割れを起こします。したがって雨が降った時や財布のそばに飲み物が置いてある時は注意してください。

長財布の中のカード数は必要最低限に

免許証やクレジットカード、よく行くお店のポイントカードなど、最近ではいろんなカードを持ち運ぶようになってきました。そして長財布はカードポケットが多いので、カード類を収納するにはうってつけです。

しかしいくら長財布はカードポケットが多いとはいっても、限界以上のカード数を入れると革が膨張してシワの原因になります。

長財布に入れるカード数は、定期的に確認して必要最低限のカードだけを収納しておくようにしましょう。チェックしてみると意外と使わないカードも見つかるはずです。またカード類だけじゃなく、レシートや領収書なども財布に入れっぱなしにするのではなく、家に帰ったら財布からとりだしておきましょう。

長財布とコインケースを使う

普通の長財布には札入れと小銭入れの両方が付いています。しかし長財布の中に大量の小銭を入れていると、財布に傷がついたり革が膨張してシワの原因にもなります。そこで長財布を使う時はコインケースも使って、お札と小銭を別々に分けて持つようにしましょう。

以上のポイントに気を付けるだけで、長財布をキレイに長持ちさせることができます。また財布はいくら慎重に使っていても少しずつ傷はつくもの。そこで定期的にメンテナンスすることも大事です。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ