財布を良い状態に保っておくために必要な事

洋服をクリーニングしたり靴のお手入れをする人は多いですが、財布のお手入れをする人は少ないです。しかし財布も洋服同様に定期的にお手入れをしないと良い状態に保つことができなくボロボロになってしまいます。

社会人にもなると1つの財布を購入するのに3何万円以上は使うと思いますし、自分が気に入ったものを吟味して選んだはず。せっかくの大金を払って買ったのにすぐに買い替えるのはもったいないです。それに財布を良い状態に保っておくことは金運アップにも繋がると言われています。せっかくお気に入りの財布を買ったのであれば、お手入れの方法を覚えて良い状態を保ちましょう。

革財布を良い状態に保つ手入れ方法

財布の中でも最も人気があるのが革財布です。革財布は使い込むほど味が出るので手入れをしなくてもいいと思われがちですが、実は良い状態に保っておくためにはお手入れすることが大切です。

お手入れと言っても難しいことではなく、眼鏡ふきのような柔らかい素材の布で優しく乾拭きして、革の表面についている垢を落としてあげるだけです。もし革に汚れがついていた場合は、軽く水を含ませた布で汚れた箇所をやさしく拭いてあげましょう。それでも汚れが落ちないなら革製品専用のクリーナーを使って落とします。

また革財布は高温と湿気に弱いので、使わない時は直射日光が当たらない場所に置いておきましょう。

革以外の財布を良い状態に保つ手入れ方法

もちろん革以外の素材を使った財布もあるので、それぞれに適した手入れ方法があります。革以外には布、化学繊維、エナメルなどの財布があります。

布財布はすぐに汚れてしまうので小まめに手入れをしてあげないといけません。汚れを見つけたらタオルに食器用洗剤をつけてこすりましょう。汚れが落ちたら次は洗剤がついていない水だけを含んだタオルできれいにふき取ってください。

化学繊維で出来た財布は油汚れがつきやすいです。油汚れを見つけたときの手入れの方法は布財布と同様にタオルに食器用洗剤を含ませて、ポンポンと叩くようにして汚れをおとします。

エナメル素材の財布は汚れにくい特徴があります。とは言っても長い間使っていると汚れもつくので、もし汚れを見つけたら柔らかい布を水で湿らせてポンポンと叩くように落としてください。

財布は素材によって手入れの仕方が違いますが、面倒くさいからといって手入れをサボると状態を維持できなくなります。お気に入りの財布を長持ちさせたいのであれば、ぜひ手入れしてあげましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ