財布を紛失すると戻ってこない確率の方が高い!?

財布は会計の度に出し入れするアイテムなので、気が付かないうちに置き忘れたり、盗まれたりと紛失してしまうことがあります。

もし財布を無くしてしまった時は警察に行って紛失届を出すことになりますが、一度財布を紛失してしまうと戻ってくる確率よりも、戻ってこない確率の方が高いです。さらに財布が戻ってきたとしても中のお金やカード類はほぼ抜き取られている可能性が高いでしょう。

財布を紛失したら戻ってくる前にしなければいけないこと

財布を紛失したらお金やカードが抜きとられている確率がかなり高いので、紛失したことに気が付いた時点ですぐにカード類を使用できないよう停止しましょう。カードを停止しないで紛失したままにすると闇金や詐欺などの悪事に利用されてしまう恐れがあります。

キャッシュカードやクレジットカード、免許証、保険証などは再発行できるので、警察署に行ったときに届けられていなかったのであれば、すぐに再発行手続きをするようにしてください。

財布を紛失しないように対策しておく

財布をすぐに紛失しそうになると言う人は財布にウォレットチェーンを繋げて落としても、肌身から離れないようにしておきましょう。

最近では自分自身から一定の距離が離れると警報がなる財布専用のブザーも販売されているのでおすすめです。

財布を一度紛失してしまうと戻ってこない確率の方が高いので、紛失=すべてを失ったと言っていいでしょう。財布を持ち運ぶときは気を抜かないようにしてください。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ