不注意で財布をどこかに置き忘れて紛失してしまった!

財布をズボンのポケットに入れて持ち運んでいたり、手に持ったまま歩いていたりすると、食事をしたりトイレをしたときなどに財布を置き忘れて紛失してしまう人が意外と多いです。

このように自分の不注意で財布をどこかに置き忘れてしまったことに気が付いたとき、その日に立ち寄ったお店や場所にもう一度行ったり、電話したりすると思います。

しかし運悪く心の汚い人に拾われてしまうと、財布ごと盗まれたり、財布から現金やキャッシュカードを抜き取られてしまいます。

財布を置き忘れて紛失したら警察に届け出をだす

その日立ち寄ったお店や場所に連絡しても置き忘れた財布が見つからなかったのであれば、警察に行って紛失届を提出しましょう。紛失届を出せば、財布が見つかった時点で連絡がきます。

また、財布の届け出以外にクレジットカードやキャッシュカードを悪用されないように停止することも忘れずに。

財布を置き忘れないための対策

財布をズボンのポケットに入れたり、手に持って持ち運んでいると置き忘れてしまう可能性が非常に高いです。したがって財布を持ち運ぶときは鞄の中に入れて持ち運ぶか、財布にウォレットチェーンをつけておくことが大切です。

財布は紛失してしまうと戻ってこない確率が高いので、お金が無くなるだけでなく、もう一度財布を買い直したり、免許証や保険証などの再発行など面倒なこともたくさんしなければいけません。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ