財布の運気をアップさせる方法とは?

財布には財運や金運に関する運気の低迷や上昇に関わるエネルギーやパワーが宿っています。そのため、糸がほつれたり、汚れや傷などで財布がボロボロになってしまうと財布に宿っている金銭関連の運気が弱まり、お金を呼び込むことが出来なくなってしまいます。

また、購入した品物のレシートなどを財布に入れっぱなしにしたり、使用しないポイントカードなどがパンパンに入っている財布は貨幣にとって居心地の悪いため、どんどん貨幣が貴方の元から去ってしまいます。そうならないよう、貨幣が住みやすい環境作りを心掛け、金銭に関わる運気をアップさせましょう。

では、どのような環境作りを行うと金銭関連の運気が向上するのでしょうか?

財運・金運をアップさせる効果のあるアイテム「蛇の抜け殻」。

昔から財布に大蛇の抜け殻を入れて持ち歩くとお金が貯まると言われています。蛇は「巳(み)」とも読み、十二支にも登場します。蛇の巳は「実入りする」の実とかけており、蛇を用いた財布やアイテムを身に着けると収入や所得がアップするという云い伝えは、現在でも誰もが知っている有名な迷信の1つです。

特に蛇の抜け殻は金銭の運気を向上させる効果があると信じられています。その理由は、蛇は脱皮を繰り返すことですくすくと成長します。そのため、無限や再生を象徴させるシンボルとして昔から大切にされてきました。それがいつの間にか繁栄を象徴させるアイテムとして世間に広まり、消え失せることない財力や金銭を生み出すシンボルと言われるようになったのです。

しかし、蛇の抜け殻の持つ強力な運気をさらにパワーアップさせるために黄色やオレンジ色の紙で蛇の抜け殻を綺麗に包み、財布に入れることをオススメします。

財運・金運をアップさせる効果のあるアイテム「パワーストーン・天然石」

金銭の運気をアップさせるアイテムは他にもあります。多くの著名人が左腕に綺麗なブレスレットをはめているのを見かけませんか?

あの綺麗なブレスレットはパワーストーンです。パワーストーンの中には財運や金運を向上させるものがいくつかあります。そのため、財布の運気を向上させたい場合とセットで用いることで相乗効果を得ることが出来ます。金銭関連の運気をアップさせたい場合、タイガーアイやルチルクォーツがオススメです。

タイガーアイは古い時代から強力なパワーが宿っている鉱石として重宝されており、財運や金運だけではなく、魔除けや仕事運向上のお守りとして身に着けている方も大勢いらっしゃいます。ルチルクォーツは透き通るような美しい水晶内に針状の結晶が含まれている鉱石です。長い歳月をかけて組成されたルチルクォーツの面妖なデザインには金運を向上させるパワーが宿っています。

身に着けるのが難しい場合は財布に入れたり、ストラップとして用いたりすると良いでしょう。しかし、鉱石の種類によって硬度は低い可能性がありますので、パワーストーンを運気アップに用いる際はお気を付け下さい。

財運・金運をアップさせる効果のあるアイテム「ゴールドのアイテム」

黄色と同じくゴールドには財運や金運をアップするエネルギーが含まれています。財布の色彩もゴールドを選択することで計画的にお金を使用することが出来る「手堅い財布」と呼ばれています。ゴールドは色彩の中でも最も強力なエネルギーやパワーを有しています。しかし、ギャンブルをされる方との相性が悪いためパチンコや競馬などを行う方はゴールドの財布を持ち歩くと散財させる原因となりますので気を付けましょう。

ギャンブルを一切やらない方は、ゴールドのアイテムを財布に入れることで貨幣が増えます。ゴールドのカードやお守りなど何でも良いので、財布に入れておきましょう。

財運・金運をアップさせる効果のあるアイテム「美しい音色を奏でる鈴」

鈴には魔除けの効果がありますが、それと同時に金銭に関する運気を呼び込むアイテムとしても知られています。鈴を財布に付けると鈴の美しい音色に惹かれて貨幣が引き寄せられるのです。鈴を財布に付けるならば、透き通るような音色を奏でるものを選択しましょう。こもった音色の鈴は魔よけ効果としても運気を上昇する効果も弱まってしまいます。

財布の運気を向上させるアイテムは他にもカエルやフクロウをモチーフとした開運アイテムを財布に入れている方も大勢いらっしゃいます。しかし、どのアイテムも財布に入れ過ぎると運気が向上するどころか低迷させる要因となりますので、入れ過ぎには注意しましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ