財布の素材に使われている合成皮革って何?

財布の種類にもいろいろありますが、男性だと動物の皮を使った革財布が人気です。革財布はシンプルなデザインですが、革本来のシワや傷がアクセントとなって味わいのある見た目になっています。それに使い込めばツヤや光沢にも深見がでます。

しかし革財布の中には本物の革に似せて作った合成皮革を使っている財布もあります。合成皮革は本物の革とは見た目が似ていても特性は全く違うので、間違えて買うと大変なことになります。

合成皮革と本革の違い

合成皮革は、布地にプラスチック類やビニール類を塗って本物の革に似せて作った人工的な素材のことです。

本革は水に弱いという特徴をもっていますが、合成皮革は逆に耐久性に優れており、水に濡れても簡単にはシミや汚れになりません。もし汚れても水洗いして財布をきれいにすることが出来ます。他にも表面に傷がつきにくいというのも特徴のひとつです。

ただし、合成皮革には劣化が早いという弱点もあります。天然の革であれば経年変化で財布に味が出て美しくなりますが、合成皮革は2~3年使うと表面の人口革がめくれて隠れていた繊維が見えたりしてしまいます。

使っている革財布が本革だと勘違いしてしまうと使い込んでも、味が出るどころか劣化しかしないので注意してください。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ