豚革を素材に使った革財布の特徴

革製品の中で一番使われているのは牛革ですが、次によく使われている素材は豚革です。豚革は牛革よりも耐久性に優れており、薄くて軽いのでジャケットやコートなどによく利用されます。動物のブタを想像してしまうとどうしても牛よりも低品質に思うかもしれませんが、最近では高級ブランドでも使われるようになってきました。

特に日本では豚革の生産が盛んであるため流通量が多く、海外の製品に比べると安価で良質な豚革が手に入るのも影響しています。ではこの豚革を素材に使った革財布にはどんな特徴があるのでしょうか?

豚革は加工方法によって特徴が変わる

先ほど、「豚革は牛革よりも耐久性に優れており、薄くて軽い」と説明しましたが、加工方法の違いでさらに特徴が変わってきます。豚革は加工によって「ピッグスエード」と「アメ豚」という素材が出来ます。

「ピッグスエード」とは、豚皮の裏側をサンドペーパーで擦って起毛させた革のことです。豚革をよく見ると、3本一組の毛穴があるのがデメリットだと言われているのですが、サンドペーパーで擦って起毛させることで、この毛穴を目立たないようにしています。また手触りがよく、見た目にも高級感が出るのが特徴の加工方法です。

「アメ豚」とは豚皮をタンニンなめしという加工をした革のことです。アメ豚の特徴は光沢のある艶やかなアメ色の革肌に仕上がることです。

豚革財布の手入れ方法

豚革財布を手入れするときは「ピッグスエード」と「アメ豚」どちらの素材も一緒です。

柔らかい布を用意して革財布全体をなでるように乾拭きしてください。豚革は高熱や湿気に弱いので、直射日光を避けた風通しのよい日陰の場所に置いておくようにしましょう。

もしも拭いても取れない汚れやシミが出来たら、革専用のクリームを適量とって、馴染ませるように拭いてあげましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ