社会人の財布の中の平均額はいくら?

社会人になると友人との遊びや恋人とのデートなどプライベートな予定の他にも、仕事の付き合いも増えるので何かと外で食事をする機会が増えてきます。収入がある分、出費も増えるので財布の中に入れているお金が少ないと、いざという時に支払いが出来なくなって困ってしまいます。

それでは社会人は財布の中にいくらお金を入れているのでしょうか?最低限でも平均額は財布に入れておくようにしましょう。

社会人が財布に入れている平均額

社会人が財布に入れている平均額は約1万3000円になります。さらに詳しく見てみると1番多いのは1万~2万未満、2位は4000~5000円未満、3位は5000~6000円と平均額以下しか財布に入れていない人もいます。

ただ、財布に1万円以下しか入れていない人は現金の代わりにクレジットカードで支払いをしているという人が多いです。したがって財布の中には現金でもクレジットカードでもどちらでもいいので、つねに1万円以上は支払が出来るようにしておくのが良いです。

財布に現金が少ないと飲み会の会計に困る

個人的な買い物だったら財布の中に現金が少なくてもクレジットカードで対応することができます。しかし会社の付き合いで飲み会に参加すると会計を現金で支払うことになります。飲み会に1回参加すると最低でも3000円はかかります。そして2次会にも行くことになるとさらにお金がかかります。

財布の中に現金が少ないとお金を支払うことが出来なくなって周りに迷惑をかけてしまうので、そういった意味でも財布には1万円以上の現金を入れておきましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ