小銭入れと長財布の二個持ちが便利な理由

大人の男性が使う便利な財布と言えば長財布です。長財布には札入れとカードポケットしか付いていない種類のタイプもありますが、ほとんどの方は札入れと小銭入れのついた長財布を購入していると思います。しかし社会人になると長財布に小銭入れ使わずがついていてもそれを使わず、わざわざ別の小銭入れ用の財布を用意して、長財布と小銭入れを2個持ちしている人がいます。

普通に考えると、わざわざ財布を二つ持ちするほうが面倒な気もしてしまいますが、意外とメリットも多いです。そこで今回は小銭入れと長財布の二個持ちが便利な理由を紹介していきます。

小銭入れと長財布を二個持ちするメリット

わざわざ小銭入れと長財布を分けていると、お会計の時に小銭とお札を別々に取り出さないといけないので手間のように思えますがメリットもしっかりあります。

長財布と小銭入れを別々にするメリット

  • 長財布がパンパンにならない
  • ポケットにしまいやすい
  • 財布の痛みが少なく、長持ちする
  • スリ被害にあってもリスク分散することができる
  • どちらかの財布を忘れても対応できる

この中でも一番のメリットは、財布がパンパンにならないことです。財布の中に小銭が多いとパンパンに膨らむので、ジャケットのポケットに入らなかったり、ポケットが膨らんでカッコ悪く見えます。しかし長財布の中をお札だけにしておけば、ポケットにもすんなりと入るので見た目もスタイリッシュです。

学生までなら財布を選ぶときは機能性だけを重視しても良いですが、大人になると機能性だけでなく見た目にもこだわらなければいけません。どんなに良い財布を持っていても、その財布の扱いが悪いとボロボロになって見た目も良くありませんよね。だから出来るならば長財布と小銭入れは別々にもった方がいいのです。

小銭入れと長財布を分けるデメリット

もちろん、小銭入れと長財布を分けることにはデメリットもあります。

  • 千円以上の買い物をするときは両方出さないといけない
  • 小銭入れと長財布の両方をポケットにしまうのは難しい

という点が2個持ちのデメリットでしょう。

もしも小銭入れと長財布の2個持ちが面倒くさいというのであれば、ファスナー付き長財布がおすすめです。ファスナー付き長財布は、小銭入れの容量が多い特徴があるのでパンパンになりづらいので便利な財布と言えます。

ファスナー付き長財布は、見た目もオシャレで容量もでかいので、綺麗にお札や領収書などを入れなくてもバッと入れることができます。またお札や小銭の取り出す安さも素晴らしいです。
ファスナー付きを使ったことがない人ってかなり多いのですが、一度使うとその便利さから愛好家になってしまいます。

管理人が欲しい、オススメのファスナー付き長財布

ファスナー付き長財布のマットーネ オーバーザウォレット

人気・オススメの理由

  • 1つ1つ熟練の革職人が手作業で作りこんだ長財布
  • マットーネは経年変化が早い革なので、色合いの変化を楽しめる
  • 人とは違ったデザインの財布を持ちたい方にこそオススメ
マットーネ オーバーザウォレットの口コミはこちら
公式サイトはコチラ(クリック)
ファスナー付き長財布のブライドル・グランドウォレット

人気・オススメの理由

  • 外装はイギリスの極上レザーであるブライドルを贅沢に使用
  • 内装は高品質なヌメ革で美しく仕上がっている
  • 一生涯にわたって革の味を楽しめる生涯アイテム
ブライドル・グランドウォレットの口コミはこちら
公式サイトはコチラ(クリック)

管理人が欲しい、オススメのコインケース・小銭入れ

小銭入れのブライドル・グランドコインパース

人気・オススメの理由

  • 落ち着きがあり、一般的なデザインで様々な場面で外さない
  • 総革仕立ての贅沢な小銭入れ
  • 8色もの豊富なカラーバリエーション
ブライドル・グランドコインパースの口コミはこちら
公式サイトはコチラ(クリック)
小銭入れのコードバン馬蹄小銭入れ

人気・オススメの理由

  • 最高級コードバンを使用した贅沢な小銭入れ
  • 馬の蹄の形の小銭入れは非常に高い技術が必要。人と違った小銭入れを持ちたい方におすすめ
  • 小銭が見やすい受け皿があり、スマートに小銭を取り出せる
コードバン馬蹄小銭入れの口コミはこちら
公式サイトはコチラ(クリック)

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ