ビジネスマンの嗜み!?メンズ財布1つで周りからの評価が決まる!

お財布には10円や100円を入れる小銭入れや5千円や1万円を入れるための長財布、小銭とお札の両方を持ち歩くことが出来る二つ折り財布など様々な種類があります。

お財布は古くから金運を呼び込む効果があると信じられています。また、財布の使用方法や選び方によってその人の人間性や人格を判別されます。お財布1つで持つ人の人と成りが決まってしまうため、財布を購入する際は気を付けなければなりません。つまり自分がどんな財布を持っているかで周りの評価が決まるのです。そこで、失敗しないメンズ財布の使い方と選び方をご紹介します。

賢いメンズ財布の使い方

仕事が出来る優秀なビジネスマンの方が持ち歩いているメンズ財布は長財布です。なぜ優秀なビジネスマンは長財布を持ち歩くのでしょうか。その理由は、5千円札や1万円札を持ち歩く際、紙幣に折りたたんだ節目や表面に細かい節目のような縮みが出来てしまうのを防ぐためです。お金を大切にするとお金が貯まるという云い伝えがあります。そのため、優秀なビジネスマンは刷りたての新札のような美しいお札を常に持ち歩けるよう、長財布を持ち歩くのです。

しかし、商品を購入する際や自販機を利用する場合、10円や100円が無いと不便ですよね。ですが、長財布に小銭を入れると小銭の圧力でお札に細かい節目が出来てしまいます。こうなってしまっては長財布の意味がありません。そこで、お札の折れや汚れを予防するため小銭専用の小さな財布を持ち歩きます。2つ持ち歩くのは面倒かもしれませんが、ビジネスマンの嗜みですので、必ず2つ用意しましょう。また小銭専用の小さな財布を購入する場合、中身が確かめやすいコインケースタイプがお勧めです。

クレジットカードやポイントカードなどカード類を持ち歩くには?

近年保険証もカードタイプに変更されており、いつでも持ち歩くことが出来るようになりました。また、お店によってポイントが付加されるサービスやクレジットカード、キャッシュカードなどは長財布に入れ過ぎると不恰好になり持ち運びも不便になります。ですので、クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードなどは必要最低限のものだけを持ち歩くようにしましょう。それ以外のカード類は専用のパスケースを購入し、必要なときに取り出せるよう工夫すると良いでしょう。

ビジネスマンは汚れた財布を持ち歩かない

お財布に折りたたみの節目が無いからといって安心してはいけません。優秀なビジネスマンが持ち歩くメンズ財布は誰に見られても良いように綺麗に手入れが施されています。ですが、メンズ財布に使用される素材によってお手入れの方法が異なりますので、自身がどのような素材の財布を使用しているのか確認してからお手入れしましょう。

メンズ財布の素材は主に革で作られています。革の種類によってお手入れ方法は変わりますが、軽い汚れの場合、基本的には眼鏡拭きのような柔らかい布で優しく汚れを拭き取るだけで構いません。ゴシゴシと力強く拭いたり水に濡らした布で拭くのは革を痛めてしまうため止めましょう。

しつこい汚れが付着している場合、柔らかい布を2枚用意し、専用の革クリームまたはスプレーを財布の表面に薄く塗り込み、優しく撫でるように拭き取ります。その後、陰干して乾燥させたらお手入れ完了です。いくらお金を持っていても汚れた財布を持ち歩いていては意味がありません。月に数回は専用のクリームやスプレーでお手入れして常にお財布を綺麗に保ちましょう。

他にも品物を購入したレシートなどはこまめに整理する癖を付けましょう。レシートで財布が埋まってしまうと管理できないルーズなイメージが付いてしまいます。財布は男性にとって顔のようなものです。財布1つで人生が決まるというのもおかしな話ですが、優秀な人物は細部にまできちんと目を配っているということです。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ