ビジネスシーンに似合う財布の特徴

スーツを着て仕事をする男性の多くはスーツだけでなく時計や靴、ベルトなどの小物にもこだわる人が多いです。そしてそれは財布にも言える事。普段は見られないものだからこそ、いざ見られる時にダサイ財布は許されません。

ではビジネスシーンに似合う財布の特徴とはどんなものなのでしょうか?有名ブランドの高い財布なら何でもいいという訳ではありません。そこを勘違いせずに選びましょう。

ビジネスシーンに似合う財布の特徴

出来るビジネスマンは財布をスーツの内ポケットにしまっている事が多いです。内ポケットに財布をしまっておけば、スッと取り出しスマートに会計を済ませることができます。もちろんズボンのポケットやバックに財布をしまうこともできますが、それではスーツにシワが出来たり、会計に手間取ってしまいます。また、厚い財布だと内ポケットにしまっていても引っかかってしまいます。

この事を考慮すると、ビジネスシーンに似合う財布は「厚い財布」よりも「薄い財布」、そして「二つ折り財布」よりも「長財布」です。つまりスーツには薄い長財布を使うことが一番似合うということです。

どんなデザインの長財布を選べばいいの?

ビジネスシーンには薄い長財布が良いことが分かりましたので、次はどんなデザインの財布を選べばいいのかです。

プライベートなシーンだったら自分の財布を注目されることはないので、好きなデザインの財布を選べばいいです。しかしビジネスシーンではシンプルなデザインの長財布を選びましょう。色は黒か茶色で革製の長財布こそ一番スーツに合う財布です。

このデザインさえ守れば無理に高級なブランド財布を買わなくても大丈夫です。ただし安物すぎると違いがすぐにばれてしまうので、2~4万円くらいの長財布を購入しましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ