ヌメ革の特徴と手入れ方法

ヌメ革とは牛革を植物の渋に含まれる成分のタンニンで鞣した皮革のことです。ヌメ革は革財布の内側に使われることが多く、ナチュラルな風合いが特徴です。

タンニン鞣しは製造過程で環境を汚す有害廃棄物をほぼ出さないので、自然環境にも優しい素材として注目されています。

ヌメ革の特徴

ヌメ革は他の皮革に比べると繊維に目が詰まっているので丈夫です。多少扱いが荒くても型崩れしにくいです。ただし表面は爪でひっかいたり、ちょっとするだけでも簡単に傷がついてしまうので気を付けましょう。

購入当初のヌメ革はなめし加工によって記事が固くゴワゴワしています。しかし使い込むことでやわらかくなったり、手の脂が革に染みこんでツヤが出てきたりしてあめ色へと変化します。

ヌメ革のお手入れ方法

ヌメ革の表面は加工されていないので、水に濡れるとシミになりやすいです。そこで革財布用クリームで表面をコーティングして水に濡れてもシミにならないように対策しておきましょう。使い込んでいくと手の脂や自身の油分が出てくるので水ぬれにも耐性がでてきます。革専用クリームでおすすめなのが「シュプリームクリーム」です。

水ぬれ以外では普段から乾拭きで表面を拭いてあげる程度で十分です。カバンの中に入れっぱなしにしておくと蒸れてしまうので、使わない時は直射日光を避けた風通しの良いところに置いておきましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ