スーツに合う財布選びとは?

旦那や彼氏への誕生日や記念日などのお祝いや就職活動が功を奏し、そのお祝いに財布を贈ろうとお考えの方も大勢いらっしゃると思います。普段持ち歩く財布ですから、淡い色彩のものや派手なデザインの財布を贈るのは、ビジネスマンへ贈るプレゼントとしては不適切です。財布を贈るのでしたら、スーツに合うシックでフォーマルなデザインのものを選択しましょう。そこで、贈り物に最適なスーツに合う粋なデザインの財布をご紹介したいと思います。

スーツに合う財布の選び方のコツ

スーツに合う財布の定番といえば長財布です。特に革素材を用いた長財布はスーツとの相性が抜群でビジネスマンの方からたいへん重宝されています。その理由は、長財布の作りがスーツの内ポケットにスッポリ収まる作りになっているからです。

財布は毎日持ち歩くアイテムのため、財布に使用される素材の耐久性は考慮しなくてはなりません。財布の素材にはナイロンや合成革など様々な素材がありますが、社会人ですから出来る限り本革の素材を使用した高級感漂う財布を用いるようにしましょう。

スーツの場合、財布は内ポケットまたは鞄の中にしまって持ち歩くことかと思います。間違ってもスラックスのポケットに入れて持ち歩くという真似はしないでください。

その理由は、スラックスの美しいフォルムが崩れてしまい、やぼったく見えます。また、財布とスラックスの型崩れの原因となりますので、財布は極力スーツの内ポケットまたは鞄に入れて持ち歩きましょう。ですので、スーツに合う財布を購入もしくは贈る場合、極力薄い財布を選び、財布の中身をこまめに整理整頓するようにしましょう。

スーツに合う財布の色彩の代表として挙げられるのが、ブラックやブラウンです。明るい鮮やかな色彩のグリーンやブルー、イエローなど煌々しく野性的な色彩のものはビジネスシーンでは不適切にあたるので、使用するのを避けましょう。

財布に使用される革と皮の違いについて

財布に使用される革素材にはコートバンヌメ革など様々な種類があります。大人の方は素材にまでこだわっており、革と皮の違いまできちんと熟知したうえで財布を購入しています。皮とは、大きく分けてクロムなめしとタンニンなめしの2種類の方法を用いて革になります。鞣すとは、動物の毛皮と脂を綺麗に取り除き、柔らかくする工程のことを指します。多くの場合、クロムなめしという方法を用いて革素材が誕生します。

クロムなめしを行われた皮は、柔らかくソフトな肌触りをしており、耐久性に優れています。一方、タンニンなめしという方法で誕生した革素材はヌメ革と呼ばれ、しっかりした弾力性のある腰の強い革素材となります。また、クロム素材と違い、使い込めば使い込むほど味わいが増すため、革にこだわる方からは高い支持を得ています。

スーツに合う財布を見つけるのであれば、財布に使用される素材にまでこだわると良いでしょう。

財布に使用される素材と運気の関係

財布は財運や金運を司るエネルギーやパワーが宿っています。そのため、開運財布という名称で春や秋に財布を販売するショップも数多く存在します。財布の運気は色彩やサイズだけではなく、使用される素材も運気に大きく関わってきます。では、どの素材の財布を持つと良いのかをご紹介します。

軽いうえ通気性が良く、耐摩耗性に優れている豚革は国内で唯一調達できる革素材です。海外からも高い人気を誇っており、特殊な加工を施すと固い半透明の革に変貌します。豚革は、支出した分の金銭が戻ってくると言われており、投資家や経営者など自身の金銭を用いて貨幣を稼ぐ方にお勧めの素材です。一昔前までは需要の少なかった豚革ですが、近年数多くのブランドメーカーから注目を集めている素材の1つとなっています。

馬のお尻付近から獲れる稀少性の高い革をコードバンと言います。コードバンは繊維が複雑に絡み合っているのが特徴です。そのため、通常の馬革と比べて強度が高く、軽量で落ち着きのある瑞々しいしっとりとした質感で滑々とした滑らかな肌触りと綺麗な光沢が魅力的な革素材です。通常の馬革は、柔軟性に富んでおり、数多くのレザー製品に用いられます。馬革を使用した財布を購入する際は、コードバンか馬革なのかを見極めて購入すると良いでしょう。

最もポピュラーな革素材といえば牛革です。幅広い製品に用いられており、素材として利用される牛の年齢や部位によって使い道や手触り、印象などが変化します。また、価格にも大きな差が生じるのも牛革の特徴です。特に柔らかくて柔軟な質感を持つカーフやキップと呼ばれる牛革は、コードバンと同じく人気があります。

カーフとは、生後6か月未満の仔牛の皮をなめした革素材で、キメが細かく滑らかで柔軟なのが特徴です。牛側の中でも最高ランクと称されるカーフはたいへん稀少性が高く財布や鞄などに用いられることが多いです。キップとは、生後6か月から1年未満の仔牛からとられる革を指します。カーフに比べやや粗いのが特徴ですが、耐久性が上がっています。国や地域によってカーフとキップを区分しないため、購入する際はご注意ください。

牛革は古くから蓄財を象徴するシンボルとした有名で、金銭を貯金したいとお考えの方に最適です。浪費癖のある方は牛革を使用した財布を持つと良いでしょう。

他にも蛇革は財運を大幅に上昇させるエネルギーが宿っており、同時に人気運もアップします。しかし、莫大な金銭が舞い込む代わりに出費額も大きくなりますので、ご注意ください。そして、クロコダイル革には社会的な地位の高い方にお勧めされる革素材です。貯金をしたい方、金運を上昇させたい方が所持するよりも現状に満足している方にお勧めされる革素材です。

ビジネススーツに合うお勧めの財布ブランド

結婚式やお葬式といった冠婚葬祭やビジネス、女性をエスコートする際に着用するスーツに合う財布は男性ならば1つは持っていると、いざというときに役に立ちます。しかし、どのような財布を持つと良いのか悩まれる方も少なくありません。そこで、大人の方が持つと良いブランドメーカーをいくつかご紹介します。

失敗しない定番のブランドメーカーである「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」のダミエシリーズは上品でシックなデザインから男性のみならず、女性からも高い支持を得ています。同じ理由で「GUCCH(グッチ)」や「Cartier(カルティエ)」の長財布も人気があります。

フレッシュでエネルギッシュな20代のビジネスマンにお勧めのブランドメーカーが「Paul Smith(ポール・スミス)」です。ポール・スミスの長財布には硬貨を入れる収納スペースが付いていないので、ご自身で小銭入れを用意する必要がありますが、颯爽としたスマートなロングウォレットが人気です。他にもお手頃価格の「PORTER(ポーター)」や耐久力のあるブライドルレザーを使用した「White house Cox(ホワイトハウス・コックス)」も就職祝いの贈り物としてプレゼントされる方が多く、スーツに合う財布として人気があります。

1月の第2月曜日の成人式を迎えると晴れて大人の仲間入りです。そのため、礼儀やお作法はしっかりと覚えなければなりません。財布も大人になったと同時に一新し、社会人として新たな一歩を踏み出しましょう。ですから、財布をプレゼントなさる方やご自身で購入する際はスーツに合うシンプルで洗練されたデザインのものを購入するようにしましょう。

今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキング

財布をお探しなら、今売れているメンズ長財布が参考になります。 口コミでも人気・評判を得ている財布をご紹介します。

人気メンズ長財布の口コミランキング
今売れているメンズ長財布の口コミ人気ランキングはコチラから

Copyright (C) 2017 財布の教科書 All Rights Reserved.

このページの先頭へ